主人公たちは左の橋を渡ってからの話などをします

左右いずれに、進んでも、物語の内容の中身の量としては、そんなに変わりません。だけど、ストーリー性に、違いが、出てきたりもします。省略できる、つまりあまり重要ではないと、判断された事柄を、どれだけ省略できるかなどについては、進み方によって違いも出てきます。単純な、進み方で、良い場面も、もちろんあるのですが、多少の遠周りをして、近道に、比べてしまうと、どうしても、その時は、損なのかも知れないなどと、思ったりもしてみても、実は、はば広い範囲で、物事考えたりなどを、してみたりすると、そうでもなかったりもしていて、けっこう奥の深いストーリー性もあります。好みも当然な事ながら、人により違うものなので、誰であっても良いと思えるストーリー性であるとは、言い切れませんというのもあります。主人公たちが、左側の橋を、渡る途中で、メンバーの一人の頭の上に、カラスが、止まり、そこからそのカラスとの戦いになります。両手でカラスをつかみます。脱毛ラボ vio

ふりかけの原材料に意外なものが入っていました

ご飯のお供といえば、やっぱりふりかけですね。
子供の頃はのりとたまごが入っているふりかけが大好きでした。
ふりかけは炊きたてのご飯はもちろん、お弁当など冷めたご飯にかけても美味しいんですよね。
これを考えた人は本当にスゴイと思います。
最近は大人用のふりかけをよく食べています。
4種類の味があって、よく買うのはワサビふりかけとサケふりかけです。
大人向けだけあって、素材がちょっと高級な感じがします。
この間、大人用ふりかけを買い忘れて別のふりかけを食べたのですが、その原材料を見てちょっとビックリしました。
何と「こしあん」が入っていました。
食べていてどこに入っているか全くわかりませんでしたが、「こしあん」を入れるとコクが出るんでしょうか?
そして、なぜか「マーガリン」も入っていました。
ふりかけは完全な和食だと思っていたので、本当にビックリです。
最近は健康を気遣って雑穀米も食べるんですが、ちょっとクセのあるご飯もふりかけがあると美味しく食べられます。
ふりかけってありがたい存在ですね。ミュゼ ログイン