乳児の小学生の表現講座に行ってきて思ったことなど

子供が通っている小学生で、開示メニューがあったので、行ってきた。毎月のペースで開示メニューが行われていて、できる限り行っているつもりである。しかも、土曜日を中心に開催してくれるのがうれしいものである。1期間視線は、身辺のメニューで、出先で苗を受け取るメニューだった。なす、トマト、ピーマンの苗を、学区内的の農家のほうが講師となって植えていた。和気あいあいとしたインプレッション奈のなかメニューが進み、微笑ましかった。2期間視線は、国語であった。1期間視線が伸びてしまったので、漢字を2記事教わるので終わってしまった。子供が手段を挙げて、インストラクターに指名され、答えたところが誇らしかった。産休明けのインストラクターとの結果、経験豊富なインストラクターで、力強いユーザーだった。子供も休み時間には、仲間と一緒にあそんでいたので、馴染んでいるようで、安心した。気になったのが、子供も加入しているミニバスケットボール仲間の方が視線に眼帯をしていた。視線を怪我をしてしまったのか心配になった。本式戦が間近いので、軽度なら良いなと思った。http://www.jymretreats.org/acom.html