エア間の湿気や露点などについて勉強してた

研究しました。満杯湯煙圧は、気温が低くなるにつれて減少します。したがって、エアーが冷えてエアーに含まれている湯煙の圧力が満杯湯煙圧をこえると、余分の湯煙は凝結して水滴となります。こういうときの気温を露点といいます。満杯湯煙圧をこえても湯煙が凝結打ち切るクラスを過飽和といいます。エアー内側の水滴や氷晶は雲をつくる粒子であり、雲粒とよばれます。雲粒のがたいは1〜100μmくらいだ。地表周囲で雲粒ができるとミストになります。雲粒が成長して直径1mmあたりの雨粒になると雨となって地表に降ります。山中の斜面をそよ風が吹き挙がる時や、周囲のエアーより高温になって何気なくなった大気が上昇して行く時、上昇するにしたがって周囲の気圧が減少するので、上昇する大気群れは膨張します。こういう時、大気群れが辺りとのエモーションの交流無しに(断熱類に)膨張し、辺りに対して仕事をすることになるので、大気群れの持つ手数が出費されて大気群れが下がります。とっても勉強になりました。

難民のことと観点について勉強していました

難民について学業しました。人種・民族病状などにより、実情には多くの難民がひどい生活を送ってある。祖国を追われて隣国や他国に避難やる難民が競争やトラブルが見つかるたびに増加しているそうです。難民とは競争やトラブルの結果、あるいは宗教・考えの相違などの結果、外国に逃れ自国の保存を受けいれられない人々のことを効く、亡命ヤツも留まるそうです。ただし、国境をこえないで国内にとどまっている人々は日本避難民とよばれ、難民とは区別されます。そして、1951年、難民の国際保存と難民病状のクリアのために、難民条約が採択されました。また、こういう条約を補充する結果「難民の身元に関する議定書」が生まれました。しかし、経済的目的によって祖国を離れた顧客や日本避難民は対象外とされている結果、今後の仕事となっているそうです。難民に対する保存注力を行う、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対する興味は高いそうです。これを勉強して、難民の通算が減ったらいいなと思いました。酵素水ランキング